今すぐできる疲れ目対策

目が疲れていると、肩や頭など、体のいろいろな部分に悪影響が出る。

かといって、眼科に行っても目薬をもらうくらいしか対応してもらえない。

目の悩みは全くない人もいますが、疲れやすい人にとっては深刻な問題ですよね。改善方法がなかなか見つからないからです。

疲れ目を改善するといっても様々な方法がありますが、それが地震に合うかどうかはわからないものです。まずは、いくつかの方法を試してみるのが重いまぶたを軽くするためのいちばんの近道になります。

そこで、いくつかの疲れ目改善方法を紹介していきます。自分でもできそうだと思ったものから試してみてくださいね。

眼科へ行く

まずは眼科へ行って、ただの疲れ目なのかを判断してもらいましょう。疲れ目かと思いきや眼病にかかっているということもあるかもしれないので、まずは正しい判断をしてもらいましょう。ただ、疲れ目だと診断された場合、ビタミン剤の目薬を処方してもらうくらいしか対処方法がないので、根本てきな原因の解決にはなりにくく、その後も疲れ目が改善出来るとは限りません。

眼科はもっと重症な患者さんを相手にしなければならないため、疲れ目程度ならば自分の心がけでなおしてさていくしかなさそうです。

ホットタオル・ホットアイマスク

目を温めて、目の周りの血流を促進します。そうすることで溜まっていた老廃物が流れやすくなり、疲れが溜まりにくくなります。実際に目を温めた直後はスッキリする感じがするはずです。

いちばんのオススメは、夜寝る前にホットタオルまたはホットアイマスクをすること。これで目の疲れをリセットします。すっきりした状態で眠りにつけるので、朝も気持ちよく目覚めやすくなります。

アントシアニンやルテインをとる

目にいい成分といえばアントシアニン。というくらいアントシアニンは目にいいということで有名ですよね。最近有名になってきたルテインですが、これも同様に、目を紫外線やブルーライトから守る成分として知られています。スマホやPCをよく使う方には必須な栄養素と言えるでしょう。

しかし、アントシアニンやルテインは食事で補うことはなかなか難しいのです。そこで活躍するのがサプリメントです。1日数錠飲むだけで、アントシアニンやルテイン、その他目にいい栄養素を摂ることができます。その中でも、このアントシアニンとルテインのバランスが絶妙に含まれているのがめなりです。

ブルーベリーよりもアントシアニンを多く含むビルベリーが原料になっています。とは言ってもただのビルベリーではなく、特許を取得した特別な製法で作られたビルベリーです。吸収率が圧倒的に高くなっているようです。

めなりについてもっと詳しく知りたい方は、めなり口コミを参考にしてみてください。

いちばん初めに試せるのは、この2つのことではないでしょうか。とは言っても、1日や2日でやめてしまっては意味がありません。自分に合うと思ったことから続けてみてくださいね。